2006年09月10日

感性豊かに

今日は、県立美術館に行ってきました。知り合いのR君が山梨造形美術展に公募したということで。

油彩・水彩画、陶芸、彫刻などなど、200点近い出展です。R君の作品は油絵で「森の目覚め」という題でした。青と黄色をうまく使っていて、筆遣いが大胆な若々しい絵でした。

絵画もいいですが、彫刻系もいいですね。小学校の頃、初めて彫刻刀を手にした私は木の板を何枚彫ったか・・・立体感を出すのが非常に楽しい時期でした。その後、紙粘土細工にはまり、ウサギのパン屋さんなる大作も作ったことがありました。ある時はジグソーパズルに熱中し、A1版の金閣寺とお庭のパズルを3晩かけて完成させたものでした。

いつか、また何か作品を作ってみたいですね。そんな気になりました。

山梨造形美術展のパンフレットに、来年度の公募要領がのっていたので記録しておきましょう。

1.趣旨 山梨県の文化向上を希求し続けて51有余年、彫刻・工芸・デザイン等の総合的美術会として、常に時代の流れを把握し、先進的美術活動を通じてプロ・アマチアを問わず同好の人々と共に、その生活を楽しみたいと思います。

2.主催 山梨造形美術会

3.展覧会場 山梨県立美術館

4.展覧会会期 平成19年9月

5.出品作品種目及び大きさ 自己作品で県内未発表作品
    ●彫刻・工芸・・・大きさ自由(但し壁面を利用するものは絵画に準ずる)
    ●絵画(油絵・水彩・版画・日本画)・・・大きさは15号以上80号以内額つき。水彩・版画以外はガラス抜き。日本画の軸装は不可。
    ●デザイン・・・平面のものは絵画の大きさに準ずる。立体ものは大きさ自由。

6.出展点数 1点(但し壁面を利用しない彫刻は2点以内)

7.出展手数料 3,000円 但し、作品種目が2種目以上にわたる場合(彫刻と絵画のように)は、種目別に3,000円です。

  (山梨造形美術会 韮崎市穴山町 0551-25-5047)

コメントを投稿

(任意)

(任意)

(任意)

Feed
Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability