2006年11月19日

次回公演『DOLL』練習開始

甲府市の総合舞台に誘ってくれた方の劇団の公演に出させてもらうことになりました。

『DOLL』・・・これは、演劇をしている人たちの間では結構有名な作品だそうです。以下、『DOLL』パンフレットより

★女子中学生の入水心中、実際に起きたこの事件のニュースを聞いて、思った。少女たちはなぜ死んでしまったのであろう。その疑問が「DOLL」を書き始めたきっかけである。★幸せすぎるほどの毎日の生活、けれどそこに何の希望も見つけられない、そんな深い絶望感が、原因ではなかったか・・・。★人間が生きていく、生き続けるために一番必要なものは何か。少女たちの死は私たちにそのことを教えてくれる。(如月小春「DOLL」著より)

今日は、共演者と初顔合わせ。初めての人もたくさんいるけど、何より、本格的なお芝居が初めてな訳だから、すごく緊張します。でも、顔は余裕の笑み。やや矛盾。

柔軟体操、筋肉トレーニング、発声、ゲーム(コミュニケーション作りには欠かせない練習!)。
次に配役の発表。私の役名は「左耳」。フフフッ、何だろうって思いました? はい、そう思った方はぜひ見に来てくださいね!!(よっ、商売上手!)

次回ブログでは公演の詳細を書きます。お楽しみに。

コメントを投稿

(任意)

(任意)

(任意)

Feed
Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability