2007年01月24日

東京さ、行ってきました

去年書いた本をイベントで販売します。
「キラキラなひと~あなたからはじまるコミュニティビジネス」です。

イベントはこの2つです。
 ① 「女性のチャレンジシンポジウム」
   2月7日(水)  12:30~
   山梨県男女共同参画推進センターにて

 ② 「山梨コミュニティビジネスシンポジウム」
   2月10日(土)  10:00~
   山梨アイメッセにて

それで本日、①のイベントで講演をするコミュニティビジネス研究所の細内信孝さんを訪ねました。細内さんの著書も一緒に販売させていただくことになりました。(^^)

細内さんの事務所は千駄ヶ谷にあり「近くに行列のできるドーナツ屋さんがある」ということを聞き、のぞいてみました。本当にすごい行列だったので、本当にのぞいただけでした。(^^;

http://koubou.nin29.com/blog/photo/2007/01/donatu-thumb.jpg http://koubou.nin29.com/blog/photo/2007/01/gyoretu-thumb.jpg


2007年01月12日

DOLL稽古~その後

新年に入り、雪で北巨摩の衆が甲府に出てこられなくて、何度か練習が中止となってしまいました。

お稽古の間があくと「お稽古した~い」症候群にみまわれて、怪しい症状が出てきます。

・・・練習日の前日。午前中は「明日がお稽古日」とわかっていたのに、午後になるとどこかでスイッチが切り替わり「さあ、今日の練習に向けてテンションを上げていこう!」モードに。夜、稽古場に行くと誰もいるわけもなく、上がりきったテンションの持って行き場に困ってしまいました。

こんな、おっちょこちょいを繰り返しながら日々お稽古は続いています。来月2月18日いい演技期待してくださいね!!


2007年01月09日

新たな年に

まずは、ブログ内容の訂正から。
12月のお楽しみ」のところで、石川禅さん演じる「ルイ16世」を「ルイ14世」と書いてしまいました。失礼しました。

さて、先日の8日成人の日に甲府市消防団出初め式がありました。新年ボケの頭がすっとする行事です。
今年は司会を担当することになり、正月休みに原稿を読む練習をしてこの日に備えました。練習の成果もあって、かなり順調にアナウンスをしたつもりでいたのですが、後で聞くと、「相川分団を相生分団と言っていたよ!」とのご指摘。なんと!
間違えやすいところにフリガナをふったり、長い名詞は単語に区切りをつけたりと、万全のはずだったのですが・・・

いやいや、なにげないところを間違えるものですね。相川分団の皆さま失礼いたしました。

新たな年に、いきなり反省反省でした。
2007年01月05日

源次郎岳(NO.38)

新年が明けました。今年もよろしくお願いします。
年末年始をゴロゴロしていたので、運動せにゃいかんと意を決し(大げさかな(^^;)久々の山歩きに行ってきました。

●2007年1月3日(水)くもり。源次郎岳(1,477m)甲州市塩山。

 やはり今日も早起きならず、歩き出したのが11:30となりました。本格的に山をやっている人から見ると怒られそうな遅い出発です。 http://koubou.nin29.com/blog/photo/2007/01/gen2-thumb.jpg

 ポピュラーなコースは牛奥の集落から登る平坦なコース。前夜2万5千分の1地図をじっと眺め、勝沼ゴルフコースのわきを通る林道をつめたところにある比較的高低差のない部分が山頂からのびる尾根に行けそうだとみて、そこを登ることにしました。

 駐車地点から、苔むした岩のきれいな沢を一本渡ります。 http://koubou.nin29.com/blog/photo/2007/01/gen1-thumb.jpg 林道はほぼ平坦にいくつかの尾根を巻いていきます。この林道は山梨県の保安林改良事業地へと続く快適な林道です。この林道から源次郎岳の尾根道に上がる道は治山工事のためにつくられた作業道のようで、一気に登り尾根に合流します。お正月で作業していなかったから通れたけれど、作業中は通れないかもしれませんね。

 尾根に出るとぼんやり源次郎岳の山様がかすんで見えます。13:30やっとご飯です。小雪がちらついてきたので、カップそばとパンを早々に食べ出発です。ここから山頂までの登りが非常にきつかった! 両側が切れたった尾根で傾斜もそこそこあります。その道に落ち葉がこんもり乗っていて、滑りそうでビクビクしながら息を切らして登り切りました。 http://koubou.nin29.com/blog/photo/2007/01/gen3-thumb.jpg

 山頂は平らでお馴染みの山梨百名山の支柱が立っていました。私たちが登ってきた逆側、牛奥の集落からの尾根は比較的平坦で、分岐から下日川峠までずっと平らな笹原です。下日川峠を左に折れ、長い下りに入ります。この道も枯れ葉でフカフカしていて、宙を浮いているようでした。途中、尾根が分かれるところで間違えて右の道に入ってしまいましたが、すぐに気づき左の道に戻りました。 http://koubou.nin29.com/blog/photo/2007/01/gen4-thumb.jpg

 車に戻ったのは17:00近く。久々の山歩きは足にきました。はい!

 家に帰って以前の記録を見てみると、山歩きは実に5年ぶりでした。「あれ~、そんなに歩いてなかった~?」と首をかしげるほど久々だったわけです。いやいや、足に来るわけですね。

  
  * 勝沼ゴルフコースわきの林道は道が荒れていて車高の低い車は厳しいです。


 
Feed
Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability