2007年12月27日

今年をふり返る2~仕事

 今年、最大のできごとは、夫と妻が二人三脚のヒモを結んだこと。
 まさか、夫が本当に会社を辞めてしまうとは、正直確信していたわけではなかったので、この状況には深い思いがあります。

 そもそも、「IT工房にんにく庵」をはじめたのは、妻が地域で「男女共同参画」なることに関わっていて、「女性が働く」「夫と妻の役割」「コミュニティビジネス(小さな起業)」などのキーワードが頭にあったこと。
 そんな折、夫から「会社を辞めたい」という話を聞きました。
 その話を聞いた妻は「ならば、夫が辞めたときの受け皿となる基礎を構築しておこう!」と思ってしまいました。今考えると、「辞めないで!がんばって!!」と、よく言わなかったなぁ、と思います。多分、「本当に辞めるのかなぁ?本当はそんな気ないんじゃないかなぁ」と心の底では思っていたんだろうな。

 そういう意味で、今年は本格的な「IT工房にんにく庵」の始動ということになります。自営業は儲からないですが、おもしろいです。何がおもしろいかというと、全てが自分たちの責任で、全てが自分たちのアイディアだからです。お客さんとのコミュニケーションがダイレクトで、いろんな結果が自分たちに直球で届きます。良いも、悪いもみんな自分の責任だから、潔く次の行動に移れます。

 これから、二人でいろんな作戦を話し合っていくことになります。なんだか、夫婦というよりは、同志のようです。

 今年も仕事を通してたくさんの出会いがありました。みなさん、お世話になりました。来年はどんな直球が届くのか、楽しみにしています。

 

2007年12月18日

今年をふり返る1~タップダンス

 何の思い込みか、小さいころから、「自分は運動神経がいい」と思い込んでいました。
その思い込みだけで年をとってしまうと始末が悪い。
確かに、ある程度までスムースに技術や難易度を高めていくことはできます。でもその後の努力をしようとしないから、頭打ちになってしまいます。

他の生活のリズムとも合わさって、現在、運動不足でご自慢の運動神経も見られたものではありません。
年齢も人生の中間点あたりに差し掛かってきましたから、ちょっと、思い込みを打ち破っていかなきゃなと思うのです。

今年は、いい出会いがあって、タップダンスに取り組むことができました。シューズも思い切って新調しました。今の自分に多少の負荷をかけられて、でも無理なくできそうなタップダンス。長く続けていきたいですね。

ニュータップシューズ
Feed
Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability