2008年09月29日

久々の火事現場

火の用心 今朝は3:30過ぎに、サイレンの音で目が覚めました。「あれ? 消防車の音みたいだなあ・・・」
寝ぼけ眼で携帯の着信を見ると、分団長から5分前に「元シャトレーゼが火事だ!」の伝言が入っていました。

慌てて作業服に着替え、現場へ向かいます。すでに分団の消防車は出動していました。
スクーターで現場に駆けつけると消防本部と第1出動の東分団が消火作業にあたっており、店舗は全焼の状態。真っ赤な炎もおさまっている状態でした。
店舗なので無人であったこと、隣と離れていることで人的被害や延焼がなかったこと、真夜中の時間帯の出火にしては幸いしました。

1時間半後、鎮火を見届け自宅に戻り、また床に潜り込みますが、サイレンの音が耳についてなかなか眠れませんでした。火事現場を見るにつけ、火の怖さを実感します。

今日はたまたま火事があったところに新しい標語が来ましたので、この話題を書いてみました。これから空気が乾燥する季節です。くれぐれも火の用心くださいませ。

コメントを投稿

(任意)

(任意)

(任意)

Feed
Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability