2008年11月26日

事務所リフォームその2

点検口穴開け作業 壁取り壊し中

今回のリフォームは、玄関を入っての廊下と洋室2間をワンルームにします。それに伴い、トイレと洗面所のそれぞれの入口扉を引き戸にまとめました。トイレの入口は壊したクローゼットの折れ戸を再利用し、洗面所へ入った右側に取り付けました。スイッチを洗面所入って左側につけ直しました。外した扉もローラーを取り付けて引き戸に再利用です。ワンルームにして明るくなったのでトイレに明かり取りの小窓も付けることにしました。

一週間のお休みをいただいて、ようやく壁の取り壊しとトイレ・洗面所部分の扉改修が一段落です。あとは、壁を取り壊したあとの床部分、壁部分に合板や石膏ボードを張り、仕上げの壁紙やフローリング材を貼ります。電気の配線もし直したり、ガスストーブ用の配管も引くことになります。まだまだかかりそうですが、なんとか年内中には目途をつけたいですね。  

壁取り壊し後の玄関・トイレ・洗面所 引き戸・折れ戸を取付

2008年11月13日

事務所リフォームその1

おかげさまで、にんにく庵もスタートから3年半がたちました。ホームページからのお問い合せを中心に大勢の皆さんにご利用いただいております。ありがとうございます。

トップページの「お知らせ」にも書きましたが、来週11月17日から一週間のお休みをいただいて、IT工房にんにく庵事務所のリフォームをすることにいたしました。

現在の事務所スペース 元々住居だったマンションの一角を事務所スペースで使っていました。お客様に来ていただいても狭い玄関を入って、暗い廊下を通ってリビングのスペースへ来ていただかなくてはならず、お客様をお迎えするには、ちょっと今一つの事務所でした。しかも4階ということもあり、今までは、マンションの集会室をお借りして対応してきましたが、パソコン修理のお客様が増え、故障のパソコンをお持ちいただいて工房で修理することも多くなりました。そこで、玄関を入ってすぐのスペースを事務所スペースにリフォームすることにしました。

夫婦2人で力を合わせて改造しますので、一週間お時間を頂きます。この間、電話での受付・修理対応等できません。しばらくお客様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。

2008年11月07日

やったー!動いた

わが家の車「サンバー」の助手席側の窓が開かなくなったのは2ヶ月前からでした。

モノが壊れると、まず修理屋Toshiyaくんがアレコレやってみて、それでもダメなら修理に出すあるいは買い換えるパターン。
今回はモノも大物だったこと、なかなか時間が空かなかったこと、まあ取りあえず支障がなかったことで2ヶ月間放置状態でしたが、ようやくこの「窓問題」に取りかかることになりました。

助手席のドアのカバーをはずし、チェック。別電源で試すと窓は動きます。運転席側の窓は動くので、途中の配線が悪いのか? 目で線をたどるもフロントケース内へと続いていて追跡不能。ほんじゃあとフロントのカバーを外そうと試みますがなかなか外れません。しょうがないからサイドボードを取り外して中を覗きますがやっぱり良くわかりません。「あの青いコネクターは何かな?」と目についたコネクタを外してみますが、運転席側の窓が動くのでOUTと判断。「多分メーカーさんは内側じゃなくて、車体の外側を外して修理するんだろうな~。何しろ図面がないからわからんな~」と、さすがのToshiyaくんもお手上げで修理断念。

また元通りの状態に戻して、メーカー修理に出すことに決めました。

それから数日後、何気に助手席のパワーウィンドウを下げてみたら「ウィ~ン・・・」 動くじゃないですかぁ!何~、なんで~??? 理由はわかりませんが、とにかく直りました!! めでたし、めでたし。

2008年11月05日

秋の岩場はちと寒い

岩峰 岩峰横から

タップライブも終わって、久しぶりに山の空気を楽しみに行ってきました。

この日は曇りで風もあり肌寒かったです。唐松の葉が黄色い雨のようにパラパラ降ってきます。大好きな落ち葉の香りに浸ります。

Toshiyaくんが新しいルートの下見に懸垂下降をするというので、おっかなビックリ懸垂をさせてもらうことにしました。この岩峰は約30m。山の斜面に突き刺さっている感じで立っているので、裏に回り込んで、ちょちょっと這い上がると岩のてっぺんに上がれます。

クライミングから遠ざかって久しいので、靴を履いた違和感、岩のフリクションの不安、岩を握る手の力み、などなど、ほぼ初心者に等しい新鮮な感覚満載です。それでも岩に触るのはうれしくて、キャーキャー言いながら這い上がりました。岩峰のてっぺんから見る景色は格別で、「ちょっと怖かったけど下でブラブラしているよりは来て良かったなあ」と思ったのでありました。

しかし、いざ懸垂下降の段になると、気持ちは一変。てっぺんからロープに体重をかけるまでが怖くて、お尻の穴に力が入ります。懸垂もロープ一本での懸垂だったので、握る手と下るスピードの調整に必死。30mの下降にパワー全開でした。

岩にはいっぱいカメムシやテントウムシがいました。テントウムシは岩の間に頭を突っ込んで足を全部たたんでおりました。宇宙グモもたくさん歩いておりました。

気持ちの良い秋の山でした。

岩のカメムシ    岩割れ目に頭を突っ込むテントウムシ

宇宙クモ    秋色

2008年11月04日

タップライブIII終わりました!

11月2日、とっても良いお天気の中タップライブIIIがありました。

昼の部は観覧希望が多くて、入りきらない予想でしたが、希望者には是非見ていただきたいと、先生が工夫して、大窓をとっぱらって席を増設してくれました。

窓が開いたことで、音が逃げてしまった感もありましたが、タップダンスを間近で見る機会はあまりないと思うので、見ていただけて良かったと思います。

夜の部は、タップサークルの面々やミュージカル共演のNご一家が見に来てくれて、うれしいやら恥ずかしいやら、ちょっと戸惑い気味でした。この状況も1部でだいぶ慣れて、2部、3部では思い切り踊ることが出来ました。皆さん、応援ありがとう!!

今回のライブでは1年半の練習で、身についたこと、苦手なことがよーくわかりました。それから、先輩達との共演で、先輩方の技術を目の当たりにして、自分に足りないものを実感できましたね。これから、タップダンスにどう向き合うか、課題が見えたライブとなりました。
また、日々の練習が楽しくなりそうです。

早速タップサークルのブログに写真が掲載されていました。満足げな笑顔、です!
 ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/shuffle_tap/2888131.html#2888131

Feed
Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability