2011年11月30日

タップライブ7終わりました!!

11月27日(日)。

この日は朝から寒くて、午後1時スタジオに集合した時も手と足がなかなか温まりません。「あぁ、ちゃんと季節は巡るよなぁ。もうすぐ冬かぁ」なんて思いながら、衣装を着ての写真撮影。
カメラマンは毎回ライブに協力してくれる、我が夫の「荒ちゃん」! 写真撮影と音響さんを担当してくれます。彼は、常に冷静で論理的な考え方をする頼りになる人物です。

写真撮影を終えると、もう16:00開演に近い時間。いそいそとウォーミングアップで体を温めます。今回のライブでは、ぐ~んと難しいレベルの課題だったこともあって、自信がない状態で望みました。それなのに不思議なもので、これまでのライブに比べて心臓のドキドキがなく「あれ、何か大丈夫そう!」と思ったのでした。
が、いざライブが始まると、段取りでポカしたり、足を滑らせたり、小道具のアクシデントに戸惑ったり・・・自分では気がつかないところで緊張していた模様! 

とにかく笑顔だけは絶やさず頑張りましたが、空回り続きで終わってみると何とも言えない消化不良な感じが残りました。
やっぱり自信がつくまで踊り込めていなかったのがそのまま結果に出たわけです。私の大好きなフギュアスケートで「充分練習をしてきたので練習の成果を出し切って、今、自分の出来ることを出せる様にしたいです」・・・と、インタビューで聞きますが、どんなスポーツでも同じ。

難しい技にチャレンジする時の心の持ち様も影響します。「よし、克服してやる!」 か 「ああ難しい、私には無理かも・・・」 か。振り返ってみると、今回のライブの取組では、後者の気持ちが勝っていたように思います。

心に自信を持たせるためには、体の充実も不可欠ですが、今回は体と心の両方がマイナスの方向にいたのでやっかいでした。体に関しては、技術的に無理なフォームで踊っていたことが今回のライブで解ったので、ぜひ改善して、ライブ8では「いい音が出ていたね!」という感想をもらえるように練習で意識していこうと思います。

次は「楽しかった~!v(*^^*)/」と心からの笑顔が出るようにしたいな~!!!

 

私のダメダメタップをよそに、2人の男性先輩の軽やかなタップ、初ステージの中2生「Yちゃん」の堂々としたソロ、スタジオIおなじみのオーケストラ「ニャンコ」バージョン、おかわり三姉妹の「ピンクパンサー」でのコンビネーション、「19」の完結バージョン等おもしろいライブ構成だったと思います。「楽しい時間でした!」との感想もいただき嬉しかったです。ライブに来てくれた皆さん、応援ありがとうございました。 

まだまだ成長途中の未熟なタップダンサーでございますが、成長していく過程も含めて更に応援いただければ幸いです。

オープニング衣装でパチリ!

19の衣装でパチリ!

2011年11月24日

ゲネプロ終わり、いざ本番

本番と全く同じ状態でやる最終リハの「ゲネプロ」は、当日の午前中だったり、前日だったり、或いはゲネ無し場当たりのみでぶっつけ本番だったりします。

タップライブ7では、20日と23日の日祝日、2回ゲネをしました。全体の流れと振りの間違いやすいところなど、いろいろ見えてきます。ゲネから本番まので4日、まだまだ修正可能ですし、ちょっとやってみたいこともあったりして、今回は気持ちに余裕がある気がします。タップライブ、7回目にしてやっと出てきた余裕です。技術的には内容がレベルアップして行くにつれ、ついて行くのが精一杯な感がありますが、それでもついて行けている自分を褒めてあげながら気持ちを高めていくのが大事。

さあ本番。お客さんの表情を楽んじゃいますよ~!(^^)/

2011年11月20日

タップライブまで一週間!

40も過ぎますと、ホルモンバランスの崩れからか、精神的に弱くなることが多くなってきます。

どうでも良いことに腹を立ててみたり、落ち込んでみたり・・・更年期障害に「うつ」があると聞きますが、多かれ少なかれ誰にでも訪れる生理現象なのではないかなぁと思います。

月に一度のあの期間前後など、大好きなタップの練習にも身が入らなかったりしちゃうので、ライブの振り入れやまとめに苦労します。なので、意識して自分を奮い立たせる努力が必要です。

そんなこんなでライブまであと一週間となり、最後の追い込みです。今回のナンバーも楽しい構成になっています。お客さんと一体になって楽しみたいです(^^)v

※ご来場予定の皆様へ
 16:00、19:00開演時間を過ぎますと中には入れません。そうすると、とっても楽しい前半1時間ほどが全く見られなくなりますので、くれぐれも開演時間前にご来場下さいね!!

Feed
Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability