Topホームページ  > 2008年04月02日

« パソコンの電源が落ちてしまい使い物にならない | | マイリカバリを起動すると、NTLDR is missingになる »

MS ゴシック & MS 明朝 JIS2004 対応フォント(KB927489)をインストールするとUTF-8のホームページで字体がおかしくなる現象

Microsoft MS ゴシックおよび MS 明朝 JIS2004 対応フォント (KB927489)

Microsoft MS ゴシックおよび MS 明朝 JIS2004 対応フォント (KB927489)

KB927489適用後の表示

KB927489適用後の表示

プログラムの追加と削除

プログラムの追加と削除

utf-8で作成されたHTMLを表示させると、文字の字体がおかしい』で未解決でしたが、原因が判明しました。

Windows updateの「追加選択(ソフトウェア)」の一覧に、「Microsoft MS ゴシックおよび MS 明朝 JIS2004 対応フォント (KB927489)」というのがあります。WindowsXPまでは、漢字コード体系がJIS90(1990年版)でしたが、vistaからJIS2004(2004年版)に変更になりました。

出版業界や人名を扱う方々にとっては結構迷惑な改訂でして、同じ漢字コードなのに、表示される字体が変わってしまうのです。「檜山」としても「桧山」になるど困ることも多々あります。

本題に戻りますが、KB927489をインストールしますと、utf-8漢字コードで作成されていて、スタイルシート(CSS)のfont-familyにて、「MS ゴシック」、「MS Pゴシック」、「MS 明朝」、「MS P明朝」などを指定し、インターネットエクスプローラ6(Internet Explorer6、IE6)で表示すると意図しない気持ちの悪い字体となります。

解決方法は、コントロールパネルのプログラムの追加と削除から、「MS ゴシック & MS 明朝 JIS2004 対応フォント(KB927489)」を削除することです。

 

IT工房にんにく庵関連ページ

 

パソコンのトラブル、修理、故障などハード・ソフトとも対応しています

コメントを投稿

検索


Feed

Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability