Top故障・修理・トラブル・障害  > 2008年10月21日

« キーボードの暴走 | | ノートパソコンのDCジャックは接触不良になりやすい »

CPUが錆びてます

シャープ Mebius PC-RD1-D3Mの修理で、中を分解したときの話です。

冷却ファン周辺に綿ぼこりが多量についていたので、清掃のため、冷却ファンを取り外しました。この冷却ファンは、CPUのヒートシンクと一体構造になっているため、ヒートシンクを外さないと、取り出せません。

  冷却ファン周辺の綿ぼこり ヒートシンクにたまったホコリ  

CPUのヒートシンクを取り外したら、「何じゃこりゃ」です。CPUの金属パッケージ表面がサビサビです。通常CPUのパッケージ表面には、シリコングリスなどを塗って、胴のヒートシンクに熱が伝わりやすくしていますが、これは、そのようなものが塗られている形跡が全くありませんでした。

多分、組み立て時に塗る(または、貼る)のを忘れたのではないでしょうか。

製造から約5年経過しているモデルですから、長期間の使用で結露などにより錆びてしまったのではないでしょうか。ヒートシンク側は、胴でしたので、それほど錆は進行していませんでした。

CPUは、ソケットから取り外して、サンドペーパーにて錆を落とし、シリコングリスを塗っておきました。

修理したMebiusは、フリーズやファンの異音もなくなり、調子が良くなりました。

  CPUがさび付いたPentium4   CPUを外したところ

 

IT工房にんにく庵関連ページ

 

トラブル対応事例、修理料金、金額、工賃など

パソコンのトラブル、修理、故障などハード・ソフトとも対応しています

コメントを投稿

検索


Feed

Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability