Top > 2008年12月

2008年12月15日  カテゴリー:故障・修理・トラブル・障害

« 2008年10月 | | 2009年03月 »

ノートパソコンのDCジャックは接触不良になりやすい

ノートタイプのPCで、ACアダプタからの給電が具合が悪いという事例紹介です。DCプラグ部分がぐらついていて、動かすと、バッテリー給電になってしまったり、完全にAC給電が駄目になるケースなど色々です。

ACアダプタを差したまま、動かして無理なストレスを与えると、DCジャックと基盤の接続部分が徐々に剥離したり、つけ根部分が折れたりします。

また、DCジャックのプラスチック部分が割れてしまうこともあります。

メーカに修理依頼すると、マザーボード交換になることがほとんどです。これですと修理費用が4万円から5万円ほどかかってしまいます。安いパソコンが買えてしまう金額ですので、買い換えてしまう人も多いのではないでしょうか。

にんにく庵で修理する場合は、マザーボードを取り外して、半田付けをしたり、割れたプラスチック部分をエポキシ接着剤で補強するなどします。

全く同じかたちのDCジャックが手に入ればいいのですが、電子部品店に売っている中に同じものはまずありませんので、部品交換というのは厳しい状況です。


半田部分が溶けて蒸発してしまっています。   半田付けし直して治りました。
半田部分が溶けて蒸発してしまっています。   半田付けし直して治りました。
ストレスがかかり割れてしまっています。   エポキシ接着剤で補修し、断線した配線を半田付けで結線しました。
ストレスがかかり割れてしまっています。   エポキシ接着剤で補修し、断線した配線を半田付けで結線しました。

 

IT工房にんにく庵の修理代金は、持ち込みの場合、6千円から8千円です。お伺いしての修理はしていませんので、一度お持ち帰りとさせていただきます。その場合、お伺いと、ご返却時にそれぞれ費用がかかってしまいますので、持ち込みの修理がお得です。

非純正のACアダプタ左の写真のような、非純正タイプのACアダプタは、プラグ分のサイズがジャックの外形に合致していないため、破損しやすいのでお勧めしません。また、DCプラグが長いとストレスがかかりやすので、純正品のほうがいいと思います。


 

IT工房にんにく庵関連ページ

 

パソコンのトラブル、修理、故障などハード・ソフトとも対応しています

トラブル対応事例、修理料金、金額、工賃など

検索


Feed

Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability