Top故障・修理・トラブル・障害  > 2009年03月14日

« ノートパソコンのDCジャックは接触不良になりやすい | | Cosmos-7 LPG販売管理システムからデータを抽出したい »

同一機種が同じ時期にHDD故障

一日違いで、VAIO TypeF VGN-FS22BとVGN-FS30Bの故障対応をしました。

症状はどちらも、「起動に時間がかかる」、「起動後も動きが遅い」などでした。

結論からいうと、ハードディスクの物理的な障害でした。ハードディスクの読み込みエラーが多発していました。

どちらのVAIOも東芝製MK8025GAS(2.5インチIDE、80GB)でした。

同時に修理に来たVAIO TypeF VGN-FS22BとVGN-FS30B  
同時に修理に来たVAIO TypeF VGN-FS22BとVGN-FS30B   東芝製MK8025GAS(2.5インチIDE、80GB)

 

遅くなる原因は、ハードディスクのリードエラーのためにリトライをくり返し、パフォーマンスが落ちるからと思われがちですが、実際は違います。

Windows2000やXPは、ハードディスクのリードエラーが既定回数以上起こると、ディスクとメモリーとの転送速度を徐々に遅くしていきます。たとえば、ウルトラDMAモード5だったものが、モード4→モード3と下がっていき、最終的には、DMAをやめてしまい、PIOモードになってしまいます。PIOモードになってしまうと、転送速度もさることながら、CPUが介在するようになるため、実効速度はさらに遅くなってしまいます。体感的には、古いCD-ROMドライブからデータを読み込んでるようなスピードです。詳細は、「文書番号: 817472 複数回のタイムアウトまたは CRC エラーの発生後 IDE ATA および ATAPI ディスクで PIO モードが使用される」などをご覧ください。

 
ハードディスクがPIOモードになっている   正常時は、ウルトラDMAモード5

 

イベントログを見てみると、毎日のようにdiskエラーが出ていたのが分かります。

ハードディスクのDiagnosticsテストを流すと、「Uncorrectable CRC or ECC error」が多発しています。

 
イベントログのエラー   Uncorrectable CRC or ECC error多発

 

両方のパソコンともリカバリーCDは、作成していなかったそうですので、まずは、瀕死状態のHDDからリカバリーCDの作成です。VGN-FS22Bのほうは、作成できましたが、VGN-FS30Bは、エラーになってしまいました。HDDバックアップソフトでリカバリー領域を抜き出そうとしましたが、こちらもセクターリードエラーとなってしまいました。

リカバリーディスクなしということで、OEM版のWindowsXPからのインストールとなってしまいました。このような場合、プロダクトキーは、パソコン本体に貼られたプロダクトシールのものを使用すれば、ライセンス的には問題ないと思います。

ドライバーは、VAIOのサイトから最新のものを入手して何とかなりますが、付属ソフトなどは、提供されていないものが多いので、あきらめてもらうことになります。(個人的には、そのほうがスッキリしてていいと思いますが・・・)

 

内容 費用
2.5インチ 160GB HDD
7,000.-
工賃(データ救済、OS再インストール、アップデート、アプリインストール等)
15,000.-
合計
22,000.-

 

 

 

コメントを投稿

検索


Feed

Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability