Top故障・修理・トラブル・障害  > 2009年10月13日

« Adobe Flash Player のバージョンチェック | | 起動時、次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした »

モバイルノートPCG-TR5Eのハードディスクは1.8インチタイプでした

ウルトラモバイルというジャンルの小型ノートパソコンが、最近人気のようです。今回修理したSONY VAIO Type-TR PCG-TR5EBは2004年5月に販売されたモデルです。

調子が悪いので、リカバリーをしたら、途中でエラーになってしまい、Windowsが立ち上がらなくなってしまったとのこと。ハードディスクが壊れかけてるんじゃないかとお伝えすると、SONYのサポートにも同じことを言われたそうです。修理代が5万円近くかかるとのことで、もっと安く修理をしてくれるところを探していたら、たまたまIT工房にんにく庵を見つけてくれたそうです。しかも家の近くとのことで、持ち込み対応でのご依頼でした。

リカバリーは、ご自分でなさるとのことで、ハードディスクの交換と、リカバリーしていない領域にあるデータの救出をしてほしいとのこと。

ハードディスク40GB 8,000円+交換工賃2,000円+データ救済4,000円=14,000円でお見積もりしました。

PCG-TR5EBのハードディスクは、1.8インチとの情報は、お客様が教えてくれて分かっていたのですが、2.5インチや3.5インチのものと違い、コネクタの形状が何種類かあることが判明。しかもメーカによって外形寸法も違うとのこと。勉強不足でした。

コネクタ形状は、2.5インチと互換性のある「IDE」、他に「LIF」や「ZIF」など。LIFやZIFは、形状的にはほぼ同一で、メーカによって呼び方が異なっていたりするようです。形状がほぼ同一ということで、完全互換ではないので、合うあわないがあるようです。

この辺の話は、ZIFやLIFのコネクターの意味と1.8インチハードディスクドライブで使われているZIFやLIFのコネクターやケーブルまで含めた意味とで、あいまいな部分が残るようです。詳しくは、Ainexの「[HDE-03] 対応HDDについて」が参考になると思います。

PCG-TR5EBのハードディスクは、日立製(HGST)のTravelstar C4K40 HTC424040F9AT00 1.8" 40GB コネクタ形状:IDE 幅70mm 奥60mm 高(厚)9.5mmのものでした。

調べてみると、売ってるところがほとんどありませんでした。どうやら、HGST製1.8インチのコネクタ形状IDEのものは、製造終了で、販売店の在庫のみのようです。

東芝製のものは、外形寸法が合わず使えないようです。(無理やり取り付けた事例はありましたが。)

同一型番の新品を12,000円程で入手し、交換しました。

データの救済は、約16GBのデータを外付けHDDに取り出しして、DVD-R 4枚に書き込みました。一部CRCエラーで読み取れなかったものがあったのが残念です。

壊れたハードディスクのリカバリーデータエリアは、リードエラーが頻発して、救出断念です。

お客様は、リカバリーCDを作成していなかったとのことで、SONYから5千円ほどでリカバリーCDを購入するとのことでした。パソコン本体裏面にWindowsのプロダクトキーシールが貼ってありますので、OEM版のCDで、Windowsのインストールまではできますが、製品固有のドライバーが、別途必要になります。

SONY VAIOのダウンロードサイトは、更新版のドライバーしか置いていないため、オリジナルのドライバーは、C:ドライブにあるdriversフォルダーのものをバックアップしておくことになります。

今回のように、C:ドライブのリカバリーを失敗してしまうと、driversフォルダーも無くなってしまうためお手上げです。メーカーサポート外でよければ、LSIの製造元からドライバー類を入手するという手段もあります。

1.8インチハードディスクを取り外したところ 新しいハードディスクを取り付けたところ 1.8インチハードディスクTravelstar C4K40 HTC424040F9AT00
取り外したところ 新しいHDDを取り付けたところ 1.8インチHDD

 

IT工房にんにく庵関連ページ

 

パソコンのトラブル、修理、故障などハード・ソフトとも対応しています

コメントを投稿

検索


Feed

Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability