Top故障・修理・トラブル・障害  > 2009年11月04日

« 文字コードがS-JIS以外のHTMLで、mailto:の件名を文字化けさせずに指定する方法 | | 物理的に壊れたハードディスクからのデータ救済 »

液晶パネルのバックライト切れ

ノートパソコンの液晶画面(LCD。液晶ディスプレイ)は、通常蛍光灯(CCFL。冷陰極管)を裏から当てて光らせています。蛍光灯ですので、寿命があります。また、蛍光灯を点灯するためにインバータという高周波・高電圧を作り出す回路も必要です。

液晶パネルのバックライトが切れると、うっすらと画面が表示されますので、すぐにわかります。

メーカーへ修理に出すと、部品代だけでも2万円以上しますので、合計4万円以上の出費となってしまいます。

IT工房にんにく庵では、新品や中古のLCD、インバータを使って修理していましたが、修理代が高くついて修理をあきらめる方もいらっしゃいました。蛍光管が不良の場合は、液晶パネルを丸ごと交換していましたが、CCFLのみの交換もすることにしました。

CCFL 1本2,000円くらいですので、工賃込みで丁度10,000円で済みます。CCFLは、LCDを分解して、サイズを測ってから注文しますので、修理完了まで1週間程度お預かりとなります。

修理件数が多くなれば、常時在庫を持つようにしようと思います。そうすれば、その場で修理してお渡しすることも可能になります。

バックライトを分解。これは、CCFLが2本のタイプ 過熱が原因?。焼けてしまってます。 蛍光管の端が過熱により液晶パネルにダメージを与えています。
バックライトを分解。これは、CCFLが2本のタイプ 過熱が原因?。焼けてしまってます。 蛍光管の端が過熱により液晶パネルにダメージを与えています。

 

IT工房にんにく庵関連ページ

 

パソコンのトラブル、修理、故障などハード・ソフトとも対応しています

コメントを投稿

検索


Feed

Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability