Top故障・修理・トラブル・障害  > 2009年11月10日

« 液晶パネルのバックライト切れ | | GENOウィルスに感染したサイトの回復 »

物理的に壊れたハードディスクからのデータ救済

電話でのデータ救済に関するお問い合わせは、全国からいただいています。ありがたいことです。「これこれこういう症状なのですが、いくらぐらいかかりますか?」など。

物理的にハードディスクが壊れていなければ、最大8,000円ですので、そのようにお答えしているのですが、物理的な破損と論理的な破損の判断が一般の方ではできず、「見てみないことには、データを救済できるかわかりません」となってしまいます。

物理的な破損の場合、診断料をいただきませんので、持ち込みの場合は、出費がありません。郵送の場合、往復の送料がかかることになります。

”ハードディスクをBIOSが認識しない” とか、”ハードディスクから異音がする”などの場合、物理的破損の可能性大です。

ハードディスクが物理的に破損していても、データを救済してくれる会社がありますので、数十万円の出費でもかまわない方は、”データ復旧”などのキーワードでお探し下さい。
なお、IT工房にんにく庵では、(株)データサルベージコーポレーションと業務委託していますので、直接ご依頼いただくより割安な価格で復旧できます。

 

ハードディスクの異音例(MP3 438KByte)

ハードディスクの異音例(MP3 438KByte)

 

IT工房にんにく庵関連ページ

 

パソコンのトラブル、修理、故障などハード・ソフトとも対応しています

トラブル対応事例、修理料金、金額、工賃など

データ救済サービス

コメントを投稿

検索


Feed

Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability