Top故障・修理・トラブル・障害  > 2010年02月02日

« Invalid partition tableにてWindows立ち上がらない | | パソコンの掃除方法 »

NEC VALUSTAR VL700/6電源入らない

NEC VALUESTAR VL700/6D(2003年5月販売)デスクトップパソコンが、2009年冬頃からたまに電源が入らないことがあり、今年1月ついに電源ボタンを押してもうんともすんともいわなくなってしまいました。既に新しいパソコンに移行済みで、実害はなかったのですが、お子さんにあげたいので修理してほしいとのこと。

AcBel製、API2PC05電源ユニット
AcBel製、API2PC05電源ユニット

パンクしたコンデンサ

中央と左上の2個がパンクしています

保守用の電源と交換したところ、問題なく起動しましたので、電源ユニットの故障です。AcBel製、型番API2PC05、電源容量150w、NEC型番PU786B、NEC P/N 853-610090-001-Aとなっています。オークションで中古を調べると、P/N 853-610090-003-Aなどが売られていますので、改良前のrevisionと思われます。

電源単体でオンしてみると、5v、12v、3.3v、-12vとも正常に出力しています。ただし、5vスタンバイの電圧が少々低く、4.8v程しかありませんでした。

中を分解して目視チェックすると、2個ほどコンデンサ(1000μF 6.3v)が膨れていました。

交換して、電源を入れてみましたが、5vスタンバイは、4.8vのままでした。マザーボードに接続して、電源オンするも、駄目です。

再度電源ユニットを分解して、+5vスタンバイの配線を追っていき、1000μF 6.3vのコンデンサにたどり着きましたので、外してみると、根本から電解液が漏れだしていました。

コンデンサを交換したところ、電源も入り、8時間エージング運転も問題ありませんでした。

目視だけでは、コンデンサの不良を探せられなかった事例です。

内容 費用 備考
部品代 1,000円 購入送料込み
工賃 8,000円  
合計 9,000円  

 

取り外したコンデンサ
取り外したコンデンサ
基盤面
基盤面
コンデンサ交換後
交換後
5vスタンバイ電源のコンデンサ
5vスタンバイ電源のコンデンサ
5vスタンバイ電源のコンデンサ
5vスタンバイ電源のコンデンサ
 

 

 

IT工房にんにく庵関連ページ

 

パソコンのトラブル、修理、故障などハード・ソフトとも対応しています

トラブル対応事例、修理料金、金額、工賃など

コメントを投稿

検索


Feed

Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability