Top故障・修理・トラブル・障害  > 2010年03月21日

« NEC VALUSTAR VL700/6電源入らない | | フレーム内のhtmlファイルが表示されるとき、親フレームを強制的に表示させる »

パソコンの掃除方法

ディスクトップパソコンの掃除方法を良く聞かれますので、説明したいと思います。

日常の手入れは、空気の吸い込み口を掃除機で吸ってあげる程度でいいと思います。キーボードは、ブラシ付きの掃除機でキーの隙間のゴミを吸ってあげて、キートップをウェットティッシュなどで拭きます。光学式マウスは、全体をウェットティッシュなどで拭いた後、受発光部をエアダスターで清掃します。ボール式マウスは、ボール部分を分解して、内部のローラに付いたゴミを爪楊枝や綿棒で清掃し、ボールをホコリのでないウェットティッシュで黒くならないまで拭くか、中性洗剤で洗ってよく乾かします。マウスパッドも汚れを拭き取っておきます。

たまにパソコン本体の中身を掃除したほうがいいでしょう。周期のほうは環境によるので何ともいえませんが、年1回~2年に1回くらいのペースでしょうか。

まずコネクター類を全て外します。USBやPS/2は、同じ形状のコネクタが2つ以上ある場合がありますので、札(タグ)などを付けて、差す位置が分かるようにしておきます。本体を取り出したら、側面のパネルをスライドさせて開けます。機種によって簡単なものから複雑なものまでありますので、どうしても開けられず断念してしまうかたもいらっしゃいます。ネットなどで”(機種型番) 分解”などのキーワードで検索すると、画像付きの説明ページがあったりしますので、参考にしてみて下さい。

側面パネルを開けた後は、屋外に持っていきます。掃除機、エアダスター、リストストラップ、アース線を用意します。

まともな工事なら、向かって左側の端子がアースです。

パソコン本体をアース線で接地し、リストストラップをつけて掃除機で吸いながら、エアダスターで、ホコリを飛ばします。CPUのヒートシンクは入念にホコリを除去します。

掃除機は、静電気の塊のような機械ですので、基盤に接触させないよう注意して下さい。写真のように先端部分をアルミ箔で包んでリストストラップで接地した手で握ってあげれば、かなり影響が少ないですが、接地しないで使うと、最悪LSIを壊してしまいます。普通に使えたとしても、LSIの素子にダメージを与えることになりますので、寿命が短くなってしまいます。

クリーニング準備完了 クリーニング中

 

 

IT工房にんにく庵関連ページ

 

パソコンのトラブル、修理、故障などハード・ソフトとも対応しています

トラブル対応事例、修理料金、金額、工賃など

コメント (3)
カズママ:

初めまして、カズママと申します。
いつも参考にさせていただいております。

あつかましく質問なんですが、使用されているアース線はどこに売っているんでしょうか?
自作されたんでしょうか?
アース線はやはり使用した方が良いんでしょうね?

無知な私は、いつもそのまま掃除機で吸っていました・・・
とっても勉強になります。

お忙しいとは思いますが、ぜひご教授くださいませ。

IT工房にんにく庵 荒川:

アース線の説明を省いてしまったので、分かりにくかったかもしれません。
機器接地用のアース線は自作です。
コンセント、より線タイプのアースコード、ミノムシクリップの組み合わせです。
大きなホームセンターに行くと手に入ると思います。山梨県内ですと、くろがねやスーパーデポやケーヨーD2などで手に入ります。
アース線は、両端をミノムシクリップで作っておき、近くの金属にはさんでおくだけでも効果的です。
パソコンの筐体にアースをとれなくても、最低限リストストラップで体だけは筐体と電位を一緒にしておくといいと思います。

リストストラップ
http://www.engineer.jp/products/se/se01/item_04/zc-50
購入先
http://www.diy-tool.com/fs/diy/e01-0016

カズママ:

大変詳しくご教授をありがとうございます。

早速にリストラップを購入します

コメントを投稿

検索


Feed

Really Simple Syndication 2.0 The Atom Syndication Format Really Simple Discoverability